トドグラーのわるだくみ

自分の『とくこう』ランクを2段階上げる。

【最終561位】ドドゲザンをカモりたい【SVシングルS1】

 

【はじめに】

こんにちは。トドグラーです。閲覧ありがとうございます!

 

【構築一覧】

今のところレンタルあります。

 

 

【構築経緯】

 シーズン中盤までいろんなポケモンを使ってみたが,何を使っていてもドドゲザンとセグレイブがきつくて本当に嫌だった。本当に嫌だった。

 この2匹をメタりつつ,汎用性のある強いポケモンを見つける旅が始まった。その結果,ドドゲザン対策のミミッキュ・身代わり悪だくみきあいだまサーフゴー,そしてセグレイブ対策のヒートロトムサザンドラが見つかった。この4体は補完もよく,使い心地がよかった。

 ここまでウルガモスが重いのでガブリアスを採用。ラム炎テラス型と迷ったが,環境に左右されず強い型である一致テラス鉢巻で使用した。

 最後の枠は最終日前日になんかみんな使ってた飛行カイリューを入れて最終日の構築が完成した。

 

 

 

【個体解説】

ようき 131(4)-142(252)-100-×-125-162(252+)

 AS珠ミミッキュ。普通の珠ミミッキュは3回くらい行動するだけでドドゲザンの不意打ち圏内まで削れてしまうが,格闘テラスにすることで不意打ちを耐えつつ体力回復までできる。わるだくみサザンの悪波を急に耐えられるようになるのも偉かった。ゴーストテラスと違い超火力は出ないが,このポケモンに求める役割は安定した削りと悪タイプの破壊であり十分活躍した。

 

 

 

ずぶとい 193(244)-×-159(236+)-153-111-108(28)

調整意図
H_16n+1
B_できるだけ高く
S_4振りロトム抜き

 HBサーフゴー。キョジオーン・渦カイリュー・じわれヘイラッシャ・ドドゲザンの不意打ち対策の身代わりから相手を崩していく。カイリューが呼ぶポケモンに強く,選出して腐ることがほとんどなかった。きあいだまは外しても割とリカバリーがきく場面が多く,8世代の素暴風サンダーを彷彿させる。もちろん絶対に外せないタイミングもあるが,最終日は当ててくれた。

 

 

 

ずぶとい 157(252)-×-174(252+)-125-127-107(4)

 セグレイブ対策。ドラゴン技を持っていないセグレイブからはヒトムへの打点がなく,一方的に悪だくみを積んでいくことができる。チョッキセグレイブでもC+6オバヒで倒せる。きょけんとつげき持ちの場合はかみ合いになるがテラ妖で2発目を無効にできる。テラスタル前と後で耐性が大きく変わるため,立ち回りに注意が必要ではあるが,ポテンシャルがとても高いポケモンだった。

 

 

 

おくびょう 167-×-110-177(252)-111(4)-165(252+)

 ふつうのメガネサザンドラ。セグレイブ対策,てんねん組の崩しを主な役割とするが,単純に数値が高いので雑に使っても強かった。

 

 

ようき 183-182(252)-116(4)-×-105-169(252+)

 鉢巻ガブリアス。地面テラス鉢巻じしんはH252マリルリを93.7%で乱数1発となるほどの火力が出る。苦手なポケモンが浮いている鋼フェアリーだけであり,有象無象に対して強かった。

 

 

 

わんぱく 197(244)-155(4)-140(100+)-×-121(4)-120(156)

調整意図
HB_できるだけ高く
S_1舞でゲンガー抜き

 相手に使われて強かったカイリューをパクった。テラスタル前提の型なので,選出するときは基本的にこのポケモンにテラスタルを切りたいが,実はアンコール羽休めゴツメだけでも強い。カイリューよりサーフゴーにテラスタルを切った方が強い展開も全然あるのでできるだけテラスタルは慎重に。

 

 

 

【結果】

TN ひたむき 最終561位 177勝127敗

 

【あとがき】

 毎日のように環境が変わり,自分の構築も毎日変えていった1か月でした。結果は大満足,とまではいかない順位でしたが,まあまあ悪くはないのでOKです。そろそろリアルが忙しくなるので潜れる時間は減りますが,SVでも最終2桁を目標にポケモンしていきます。皆さん一緒に頑張っていきましょう!

 

 

 

 

剣盾シングルで輝石トドグラーはやれるのか(S13頃執筆)

f:id:sealeo:20201104195952j:plain

 これは冠の雪原によりトドグラーが解禁されてから1か月後くらいに書いた記事です。書き終わった後やっぱり弱いなと思い下書きのまま2年放置してましたがもったいないので公開します。

 

・耐久について


 種族値はH90-B70-D70であり,物理方面と特殊方面どちらも同じ数値となっています.ここから輝石を持って物理耐久に特化した時,ナットレイとほぼ同じ耐久実数値になります.

HB特化ナットレイ 181-201-136
HB特化トドグラー(輝石込み) 197-201-135

ウーラオスインファイトを耐えるナットレイを見て分かる通り,輝石トドグラーはHBかHDに特化することでタイプ一致弱点を突かれても1発耐えることができる耐久になります.しかし,今作は珠ダイマックスの火力が非常に高いため,等倍でも後出しから受け切れないほどのダメージを負うこともあるので安心できる数値ではありません.

 

 

・火力について


 無振りでCの実数値は95と低いのですが,基本的に攻撃技を使う際は4倍弱点をついたり,定数ダメージで相手を削ったり,凍える風でsを下げたり,絶対零度でワンパンすることになるのであまり気になりません.しかし,ランドロスカイリューに対して,れいとうビームで4倍弱点をつけるといっても100%〜120%ほどのダメージしか入らないため、ダイマックス相手にはかなり火力不足感はあります.

参考
無振りランドロスへの冷凍ビーム119.5〜141.4%
ダイアイス 170.7〜204.8%

 

 

・特性について


 あついしぼう,どんかん,アイスボディがあります.基本的に炎耐性がつくあついしぼうが採用されることが多いと思いますが,トドグラーはマイナーポケモンなので挑発をされることが多いです.そのためどんかんの発動機会が多く,挑発におびえずあくびが押せるどんかんも強いです.ただ8世代から威嚇無効が追加されたせいで特性ばれしやすくなりました.アイスボディは5世代で使ってください.

 

 

・7世代との違い


 有用な技でいうと,いかりのまえばが没収されました.今まではランドロスなどの引き先のHPを削ったり,HPが半分以上のポケモンのみがわりを割ったりと,いかりのまえばを撃つ機会は絶対零度よりも多いくらいだったのですが,その立ち回りが出来なくなりました.
 またダイマックス中の相手には絶対零度が無効ということもあり,楽に活躍することが容易ではなくなりました.
 その代わり剣盾では新しくうずしおを習得しました.この技のおかげでいかりのまえば絶対零度に頼らず裏に負荷をかけたり,7世代では出来なかった拘束+あくびという戦い方をできるようになりました.

 

 

努力値


案1.HB特化
197(252)-×-201(252+)-95-136(4)-65

A216ランドのじしん 30.9〜37.0%
ダイアース 40.1〜47.7%
ばかぢから 49.7〜58.8%
珠じしん  40.1〜48.2%
珠ダイアース52.2〜61.9%
A186カイリューの1舞げきりん 47.7〜56.8%

C200ヒードランのダイソウゲン80.2〜94.4%
C172DLポリゴン2の放電53.8〜63.9%

 HB特化でも珠ダイマランドには確定2発取られているので交代際に珠ダイジェットをされると倒されてしまいます.ただ珠でなければあくびで流せる,最悪まもるを絡めればダイマックスは枯らせるため最低限の仕事はできます.氷4倍ポケモンは物理が多いので特に何もなければHB振りでいいかと思います.

 

案2.DL調整型
197(252)-×-166(84+)-95-168(172)-65

A216ランドロス地震38.0〜44.6%
ダイアース48.7〜57.8%
ばかぢから59.8〜71.0%

C172ポリゴン2の放電32.4〜38.5%
C177サンダーの130ダイサンダー79.1〜94.4%

 ランドロスには地震の乱数次第で次のダイアース(ダイジェット)で落とされます.どちらの耐久も中途半端になりますが高火力なポケモンを相手にしない場合は強い振り方になると思います.

 

案3:HD特化型
197(252)-×-136(4)-95-201(252+)-65

C200ヒードランのオーバーヒート18.7〜22.8%
ダイソウゲン53.8〜63.9%
無振りヒードランへのなみのり46.9~55.4%

 7世代では役割対象だったヒードランですがダイソウゲンの採用率次第できついです.特殊アタッカーはサンダーやボルトロスなどの電気タイプやわるだくみ持ちが多いので選出しにくい印象があります.

 


・型


・型1:うずしおあくび型
あついしぼうorどんかん
うずしお,あくび,まもる,冷凍ビーム or 絶対零度 or なみのり

 剣盾で使うなら一番強そうな仮想敵へ後投げ→引いてきた相手をうずしおで拘束→まもる→あくび→まもる or 交代という行動でHPを半分削りつつ起点づくりができます.また,まもるを自然に採用できるためダイマックスポケモンへのクッション性能が上がります.4枠目の技は絶対零度にするとみれる範囲は広がるものの,本来の仮想敵への役割遂行が不安定になるリスクもあります.レート帯に合わせて冷凍ビームやなみのりと使い分けした方が良さそうです.

 

・型2:考えることをやめた型
あついしぼうorどんかん
絶対零度、地割れ、眠る、寝言

 一撃技2つとねむねご.一撃必殺頼みの型なので考えることは特にないですが,一瞬で数的有利を取れる上,ねむるでHPを回復できるのでTOD向きな型です.火力不足のパーティに対しては非常に強いと思います.(みがわり持ちがいるだけで崩壊してしまうので注意)
 もこう先生はバイウールーでバトンして使ってました.

 


まとめ


以上の考察から剣盾シングルでの輝石トドグラーの強みは
ナットレイ並の耐久によるクッション性能
・クッション後に絶対零度を1,2回撃てることが多い
うずしお+あくびによってサイクルを1周目からカットできる

弱みは
・氷4倍ポケモンにも珠ダイマックスには後出しで負けることがある
絶対零度うずしお,あくびが全てみがわりに弱い
ダイマックスに絶対零度が効かない
・高速回復技が眠るしかないので2周目以降はサイクルに参加できない
うずしおの命中率が85%

です.結論としてはちゃんと相手を選んであげれば活躍してくれると思います.特にうずしお+あくびで展開補助するという明確な仕事が生まれたので選出しやすくなったと思います.

 

あとがき(221117追記)

 この記事のタイトルは「剣盾シングルで輝石トドグラーはやれるのか」でしたが,結論から言うと全くダメでしたね。大体サンダーとダイアースのDアップのせいです。7世代はそこそこ活躍できたんですけどね...

 ただ,オーキ堂推しポケ絶対選出シングルで優勝したり,嫁ポケ1on1でディアルガを倒したりといい思い出もたくさんあります。

 SV発売日前日にして未だ内定のないタマザラシ一族ですが,今度こそランクバトルで活躍させたいのでぜひ登場させてください。DLCでもいい!頼むぞ増田ァ!

 

キョダイツイオク

第8世代のランクバトル振り返り記事です。

各シーズンに対して覚えている限りコメントしてたら思ったより長くなりました。

 

【剣盾発売までの話】

 小4の時にポケモンサンデーでGSの「Lv.1ドーブルディアルガ」を見てガチ対戦に興味を持った。BWから厳選・育成をするようになる。真バトル奥義シリーズで勉強して頑張って個体を育成していたが,当時家にインターネット回線はなかったので友達のうっちゃんとだけ対戦していた。一度だけうっちゃんと一緒にイトーヨーカドーのWi-Fiを使ってランダムフリーに潜ってみたことがあったが,カバの欠伸ループにはめられ,永続の砂に乗った剣舞ドリュウズに蹂躙されたのを今も覚えている。

 家にWi-Fiが導入されてからはXY・ORAS・SMとポケモン卒業することなく中高ではレートに潜っていた。ただ大学生になるまでの最高レートは1800くらいだった。

 大学に入学した後はUSUMでレート2000を目指して潜り続けた。入学から剣盾発売までの20か月で5200戦も潜ったのでポケモン対戦の経験値は大体この期間に蓄えた。

sealeo.hatenablog.com

 

ーガラル環境ー

S1 最終235位 レート2138 

 USUMでの最高順位が260位くらいだったのでいきなり自己ベストを更新。この時はまだレートが見れなかったので最終2100を達成したことに気づかぬまま5か月くらい過ごす。12月中盤頃に育成した猛火鉢巻エースバーンの火力に取り憑かれ,リベロが解禁されるまで使い続けた。剣盾序盤の相棒枠はエースバーン。

 

 

S2 最終1297位 レート1940

@1

  S1で235位まで行けたので目標は最終2桁を掲げて潜りまくっていたが結果は振るわず最終4桁。ダメ計アプリを見た感じこのシーズンはいろんなポケモンを育成してみたようだが,結局ほぼS1と同じ形に戻っていた。

 

 

S3 最終1204位 レート1940

 ずっと使い続けてきた「HBアマガ+チョッキ水ロトム+鉢巻エスバ」の対面操作の練度が上がり,なんと最終日の22:00時点で28位にいた(レート2100↑)。が,見ての通り最終的に4桁まで転落した。この時の悔しさと虚しさは2年引きずった。いや今もまだ引きずっているかもしれない。ともかく2ロム用意する必要性を身をもって実感したため次のシーズンからは2ロムやることにした。

 

 

S4 最終966位 レート1940

 キョダイラプラス解禁シーズン。勝てなかったので義務3桁して終わり。レート見えてないのに3シーズン連続最終レート1940というちょっとした奇跡が起こっている。

 

 

S5 最終331位  レート2007

 ミミカビキッスドラパにキャリーしてもらってレート2000。切断バグされてなかったらもうちょい盛れてたと思う。

 

 

S6 最終941位 レート1951

 全く覚えてないし構築の記録もない。オーキ堂の代表として新歓を頑張っていたからその時のしりとりパのスクショとかは残っている。スボミートゲキッスミミッキュをつなぐ重要パーツだった。

 

 

S7 最終520位 レート1925

 HOME・夢御三家解禁。エスバのメタとしてナモのみ鬼火ドラパルトとか使ってた。中盤までめっちゃ勝てたから自信あったけど終盤流行った初手ダイマ+ミミ+襷エスバに勝てなかった。最高1975まではいけたらしい。

 

 

ー鎧環境ー

 この2シーズンは何を使っていたか全く不明。1950くらいまではどちらのシーズンもいったけど勝ちきれなかったらしい。

S8 最終2061位 レート1848
S9 最終558位 レート1943

 

 

ー上位禁止ー

S10 最終183位 レート2018

 レートが見える状態のランクマで初のレート2000。ぴろゲンが流行っていたおかげで珠ゲンガーのダイマックスがバレにくく刺さっていた。レート2006からもう一勝したところで撤退した。スカーフパッチラゴンを使っていたので下振れて溶かすのが怖かったのだ。

 

 

S11 最終950位 レート1845

 S10と同じ構築を使って3桁に乗せて終わり。

 

 

ー冠環境ー

S12 最終135位 レート2060 TNあおっち

 レジエレキと運命的な出会いをした。冠環境の相棒枠。自分は選出圧力の高い構築を使うのが得意だと気づいたシーズンだった。
 2ロム2060までチキンレースで上げた後メインロムが死んだからその時点で保存した。最終2桁まであと一歩だったがS3の大爆死がフラッシュバックして潜れなかった。次また2桁を目指せるチャンスが来たら日和らず潜ると誓った。

 

 

S13 最終2460位 レート1799

 初手サンダー・ウツロイドを起点にする竜舞タラプバトン軸で頑張っていたが惨敗。使用率の高いポケモンを使わない逆張りをしていた。



S14 最終89位 レート2051

 最終日近辺は期末テスト期間だったので時間がなかったが,むしろそのおかげで集中力が上がりポケモンが上手くなっていた。最終2桁を達成し,剣盾での目標は達成された。
 自分のやりたい動きができるようにカスタマイズしていったので,この構築は俺が一番上手く使いこなせる自信がある。

 

 

竜王戦

S15 最終218位 レート2007

 3か月続いた竜王戦1か月目。ザシアンイベル黒バド物理ネクロと色々試してみたが勝てず,最終日の5日前に開発した両刀要塞ネクロズマにすべてを託した。最終日の朝5時ごろにレート2000にのったが,これ以上勝てる気がしなかったので撤退した。

 


S16 最終187位 レート2004 TNあおっち

 前期の構築の中でネクロズマとゴツメサンダーだけは最強だったので,その2匹を残して残りを試行錯誤しながら対戦しまくった。瞬間2ロム2000まで行ったが最高レート202Xと伸び切らず。

 

 

S17 最終88位 レート2014 TNあおっち

 ネクロズマを信じ続けた3か月目。S16と5匹は同じで最後の枠にウオノラゴンとイベルタル対策でマリルリを入れると,最終日だけ以上に数を増やしたイベル入りにそこそこ抗えた。2000~2020の間で反復横跳びをし続け時間切れとなった。最終2桁とはいえもっと上を目指していたので嬉しさより悔しさが勝った。

 

 

ー冠環境ー

S18 最終803位 レート1875

 最終日の3日前に2000に到達したが,その後1800まで溶かし,最終日2000に復帰するも2桁チャレでレジエレキが破壊光線を外して負けた後集中が切れて一気に溶けた。S19とS20はポケモン休止の予定だったので後味の悪い終わり方となった。

 

 

S19 勉強のためポケモン休止
S20 勉強のためポケモン休止

 

 

ダイマなし竜王戦

S21 最終176位 レート2036

 8/24に試験が終わり,最後の1週間しかポケモンできなかったのに347戦もしている。2020~2050の間で反復横跳びしていた。最終日バンビーさんのザシアンに炎の牙でマンムーひるまされたことをものすごくよく覚えている。

 ザシアンに関しては素人だったのでダイマなし竜王戦の3ヶ月はずっと最速ASザシアンを使ってた。よく勝てたなと思う。

 

 

S22 最終195位 レート2011

 流行の砂ザシアン。2ロム2030まで行ったので最終2桁目指して潜り続けたが両ロム溶けた。結果に対して相当不本意だったのか,このシーズンの構築記事ツイートの言葉遣いがちょっととげとげしている。

 

 

S23 最終1223位 レート1835

 1995からの2000チャレ負けてそのまま死亡。最後の方ずっとマグストと暴風を当てる前提で打ちまくってたからしゃーない。1度も2000タッチできなかったのは久しぶりだったのでちょっとショックだった。

 

 

竜王戦

S24 最終274位 レート1903

@2

 このタイミングで竜王戦の構築記事をちゃんと勉強してHAザシアンの強さに気づいたが,最終日溶かしてしまった後S17のネクロ構築に持ち替えて1900に戻して終わった。

 

 

S25 最終270位 レート1914 TN望月紅葉

 1993からの試合に負けたあと3連続で運負けした。最悪の正月。かなり真面目に頑張ったシーズンだったからとても残念だった。構築自体は剣盾の中でもかなりお気に入りな方だったのでシーズン終了後に構築記事を途中まで書いていたが,書き切る前にモチベが切れてしまったので今も下書きのまま残っている。

 

 

S26 最終699位 レート1845

 突然のルギア。途中までヒヒダルマの枠がメタモンだったので構築名はメタルギア2。

 

 

ー伝説2体ー

S27 最終246位 レート1924

 イベルダイナ。エレキで壁貼って弱保コスパダイナで全抜きするのがコンセプト。結構強かった。

 

 

S28 最終783位 レート1844

 マリオカートDLCが追加された月。レックウザが楽しかったから3桁までは頑張ってあげた。あとダブルをちょっと真面目にやっていてINCではレート1800までいけた。

 

 

S29 最終4214 レート1660

 4月で忙しかったらしい。本当に記憶がない。

 

 

S30 最終569位 レート1843

@4

 最終日1900から頑張ったけど最高194X。スカーフホウオウを使ってたことだけは覚えてるけど他を思い出せない。

 

 

S31 最終751位 レート1818

 トリル+鉢巻ノラゴン。楽しかった。

 

 

S32 最終262位 レート1904

 イベルダイナに帰ってきた。1900いけてよかったね。

 

 

S33 最終2276位 レート1707

 最近なのに何も思い出せないが,ツイートを見た感じザシアンに剣舞された瞬間負けの構築を使ってたらしい。

 

 

ー全解禁ー

S34 最終45位 レート2007

 一番好きなルールである全解禁がついに剣盾に来たのでめちゃくちゃ頑張ったら2000のったし自己ベスト順位を更新した。ここでホウオウと一緒に燃え尽きた。

 

S35 最終4284位 レート1619

 前期で燃え尽きてはいたがせっかくなので最終日3日前くらいから潜り始めた。前期の構築をベースにカイオーガを食べ残し→スカーフ,ゼクロムを弱保→磁石にした構築。最後は麻痺にいじめられまくって800位から4000位まで落ちたからポケモン引退してナワバリバトルやってた。

 

 

【結果まとめ】

最終2桁×3(S14-89位,S17-88位,S34-45位)
最終3桁×22

最終レート2100↑×1
最終レート2000↑×11

\ジュウブンマンゾク!!/

   トドグラー

 

【第9世代の目標】

・最終30位以内

・インフレしてる間に2200

 

【あとがき】

 ここまで読んでくれた方ありがとうございます。SVでもリアルを破壊しない程度にポケモン対戦頑張っていきますので,これからもよろしくお願いします。

 

 

 

【S34最終45位/2007pt】もえつきる壁ザシアン

【はじめに】

 閲覧ありがとうございます。トドグラーと申します。1か月結構考えてできた構築なので見ていってくれると嬉しいです。

【構築画像】

レンタルあります。

【構築経緯】

 新ルールが始まるにあたって,この環境で間違いなく強いと考えた並びが

「HS壁張り」+「最速剣舞

である。壁+最速ザシアンが強いことはこれまでのルールで証明されている通りであり,本ルールでも強いだろうと考え構築を組み始めた。壁張り役にムゲンダイナを選んだ理由を簡単に述べると

・初手に出しやすい(だいたい何でも耐える・特性によるS判定)
・型が読まれにくい
・ザシアンに強い

などがある。特に今回は自己再生を切って火炎放射とダイマックス砲を両採用したため,多くのポケモンとの殴り合いにも強くした。

 

 次に,壁と合わせて強いポケモンとして「弱点保険」を採用した。ここまでの3匹では,壁があるとはいえをはじめとする地面タイプを舐めすぎているため,「HB食べ残し瞑想」を採用した。

 

 初手壁ダイナのプランに加え,もう1つ強い選出が欲しいため,初手ダイマックス枠として「特殊型珠」を採用した。ホウオウである理由は,ザシアン相手にも初手ダイマを切ることができて黒バドレックスにも対面有利であるため。特殊型である理由はランドロスに強いことに加え,初手壁張りダイナや黒バドを無償突破できるからである。

 

 最後の枠は,HBカバルドンやHDチョッキグラードン等を試していたが,最終的には黒バドに強く,初手ダイマに合わせて強い「襷」を採用して本構築が完成した。

 

【個別解説】

1.

ムゲンダイナ@ひかりのねんど
プレッシャー/おくびょう
247(252)-×-115-165-116(4)-200(252+)
ダイマックスほう・かえんほうしゃひかりのかべ・リフレクター

 伝説ムゲンルールだからこそ採用できる型。黒バドのいない構築に対しては初手出しがかなり安定する。初手ザシアン対面で特性順による型判別が可能であり,相手が意地ザシアンの場合は上からテンポをとれる。また,火炎放射とダイマックス砲を両採用しているのでゼクロムランドロス等にも隙を見せない。

 耐久に関して,壁下であればC特化珠ディアルガの150ダイドラグーンが6.2%の乱1であり,よほどのことがない限り1発で倒されることはない。

 中盤から終盤にかけて黒バドレックスが増加した影響で投げにくくはなったが,出せる試合は大活躍だった。

 

 

 

 

2.

ザシアン@くちたけん
ふとうのけん/ようき
199(252)-190-135-×-136(4)-220(252+)
きょじゅうざん・せいなるつるぎ・みがわり・つるぎのまい

 ムゲンダイナからの壁でつなぐか,初手ダイマ+ザシアン+マーシャドーという選出の仕方をすることが多かった。

 せいなるつるぎはダイスチルを積んだディアルガを耐久を下げずに突破できる最強の技だった。(初手ダイマディアルガに対してダイナで両壁張り→ダイアース受けながら剣舞)初手ダイマディアルガ構築にはほぼ負けなかった。

 じゃれつくが欲しい場面も多かったが,身代わりも便利な場面が多いので最初から最後までこの技構成で戦った。

 

 

 

3.

ゼクロムじゃくてんほけん
テラボルテージ/ようき
175-202(252)-141(4)-126-×-120-156(252+)
らいげきげきりん・ダブルウイング・りゅうのまい

 壁下で使うか,初手ダイマで使うことが多かった。ランドに弱いがそれ以外にはとても強い,くらいしか言うことがない。でも強い。

 

 

 

4.

カイオーガ@たべのこし
あめふらし/ずぶとい
207(252)-×-156(252+)-171(4)-160-110
ねっとう・れいとうビーム・かみなり・めいそう

 ゼクロムが呼んだ地面タイプに強い。HBに振っているため珠ランドの攻撃も余裕をもって耐えることができる。めいそう食べ残し型の性質上,日ネク入りのような展開が遅い構築に対してとても強かった。

 

 

5.

ホウオウ@いのちのたま
さいせいりょく/おくびょう
181-×-111(4)-162(252)-174-156(252+)
もえつきる・エアスラッシュ・だいちのちから・でんじは

 もともと物理で使っていたが,初手リフレクターを張ってくるダイナや黒バドが環境に増えたため特殊型に変更し,1匹無償突破しつつ裏の積みポケモンに電磁波or大ダメージを与えられるようにした。ランドで受けようとする構築にも強い。イージーウィン量産機。あと電磁波エアスラでまひるみも狙える。

 初手に投げたら相手がカイオーガだろうがもう裏に引けないので脳死ダイマックスしていた。運が良ければ勝てる。

 

6.

マーシャドーきあいのタスキ
テクニシャン/いじっぱり
166(4)-194(252+)-100-×-110-177(252)
インファイトシャドースチール・がんせきふうじ・かげうち

 初手ダイマ+マシャ+ザシアンorオーガ,という選出が前評判の通り強かった。黒バドとザシアンの両方に強いのが非常に良かった。がむしゃら,カウンター,れいとうパンチ,おにびなど優秀な技が多いが,この構築ではこの技構成以外ないと思う。

 

 

 

【選出】

1.+@1
 基本選出。ラス1はダイマックス枠でもいいし,マーシャドーでもいい。

 

2.(or)++
 初手ダイマで荒らしてから壁下のザシアンで締める。

 

3.++
 黒バド入りに対する選出。初手ダイマ+マシャザシ。
 初手襷ランド+バドザシという構築の場合でもホウオウでダイジェットすれば大抵勝てる。ランドのできる行動は岩石2回でホウオウを倒すor岩石1回+ステロor初手ステロの3通りであるから,結果としてS+1ホウオウが場に残るかステロがまかれていない盤面ができるため,どちらにしても優位に立てる。初手ダイマランドは負け。

 

 

【結果】

TNシーレオ    最終45位/2007pt
TNチヨノオー!  最終396位/1842pt(最高1941)

【あとがき】

 この環境にアルセウスも来てほしかったなあ。

 

 

【バトルマスター決定戦 予選】シングルのエレキウーラランド【最終35位/レート1746】

【はじめに】

 こんにちはトドグラーです。公式大会で冠ルールが来たので久しぶりにレジエレキと戦っていたら結構良い順位に着地できたので記事に残します。

 

【結果】

最終35位/レート1746/24-6

【使用構築】

【個別紹介】

f:id:sealeo:20201201160612j:plain

レジエレキ@こだわりメガネ
155-×-70-167(252+)-71(4)-252(252)
10万ボルト・ボルトチェンジはかいこうせん・スピードスター

 相棒枠。選出誘導が主な仕事ではあるが,試合展開を考えたときに相手の地面枠を早々に対処できそうに感じたときには選出した。眼鏡レジエレキは択が多いと思う人もいると思うが,練度を上げれば交代読みスピードスターを余裕で押せるようになる。....余裕では流石に嘘

 

 

 

 

f:id:sealeo:20210201231218p:plain

水ウーラオス@こだわりハチマキ
175-182(252)-121(4)-×-80-163(252+)
水流連打・インファイト・かみなりパンチ・アクアジェット

 カバ・ランド・ドリュウズをカモにして相手に負荷をかける。レジエレキの選出誘導のおかげで選出して腐ることが無い。れいとうパンチがあればカイリューガブリアスに強いが,今回はその役割はミミッキュに任せた。

 

 

 

 f:id:sealeo:20201201160651j:plain

テッカグヤ@弱点保険
199(212)-168(252+)-124(4)-×-125(28)-83(12)
ヘビーボンバー・じしん・ストーンエッジやどりぎのタネ

調整意図
A特化
DL調整
麻痺ウーラオス抜きポリ2抜き
残りH

 カミツルギ・ゴリランダーへの選出圧力枠。不一致弱点技を打ってくる相手(アーゴヨン・ポリ2・Gヤドキングなど)を起点に殴り合って全抜きする。アタッカーカグヤはS振りのダイジェット型がメジャーだが,耐久に振ったことでやどりぎと合わせて高耐久ポケモンを押していくことができる。

 今回はサンダーを意識してストーンエッジを採用したが,カミツルギや相手のテッカグヤの身代わりに強い火炎放射も候補。

 

 

 

f:id:sealeo:20201201160715j:plain

ミミッキュ@たつじんのおび
131(4)-156(252+)-100-×-125-148(252)
じゃれつく・ウッドハンマー・かげうち・つるぎのまい

 カイリュー・ウオノラゴン・ラグラージ対策枠。珠はランドロスが持っていること,役割対象には弱点を突いて戦うことから達人の帯を持たせた。珠ダメが入らないことで耐えられる幅も広がるため意外と使いやすい。

 

 

 

 

f:id:sealeo:20201201160703j:plain

霊獣ランドロス@いのちのたま
165(4)-197(252)-110-×-100-157(252)
じしん・そらをとぶストーンエッジつるぎのまい

 テンプレの珠ランド。強い。

 

 

f:id:sealeo:20210201231250p:plain

アローラキュウコンきあいのタスキ
169(164)-×-96(4)-112(84)-121(4)-177(252+)
オーロラベールムーンフォースフリーズドライ絶対零度

調整意図
ようき水ウーラオスのとんぼ+水流連打をそこそこ耐える

 レジエレキ+ウーラオスが呼ぶランドレヒレに一貫するフリーズドライが打てる,初手サンダー対面上から壁を貼れる,両ウーラオスに強い,天候パに強い,S177と襷によって絶対零度で不利構築にワンチャンを狙える。強い点を挙げるとたくさん出てくる。

 HP1からでも仕事するので残せるときは残し得。

 

【運用方法】

 この構築の強みはレジエレキで誘導した選出を珠ランドで破壊するところにある。そのため,選出段階で最も重要なのは「どうやってランドを通すか」を考えることである。

 

 この方法は大きく分けて2通りの考え方がある。1つは剣舞からのダイマックスで相手のダイマックスごと破壊する方法である。これはキュウコンの壁サポートや,物理ポケモンへ威嚇を入れながら行うプランが考えられる。もう1つは相手のダイマックスを誘発し,後攻ダイマックスを決める方法である。ダイマックスなしで珠ランドに勝てるポケモンはほぼ存在しないのでこのルートも非常に勝ちやすい。

 

 といっても相手に電気無効がいないとか,弱保テッカグヤが明らかに刺さっているとかがあれば,素直に刺さっているポケモンで殴っていれば勝てるのであまり考えすぎなくても大丈夫。

 

基本選出

汎用的に強い。初手は相手に砂撒きがいるときはウーラオス推奨,サンダーが来そうならキュウコン

 

 

【きつい構築】

カグヤ+地面タイプ

エレキで地面タイプ釣ってキュウコン着地→交代読み絶対零度をカグヤに当てるor外しても零度の圧力でカグヤにダイマを切らせる

 

ここまでしないとほぼ勝てない。

【あとがき】 

 相当デフレした大会でしたが順位だけ見ればかなり上位なので満足です。ただポケカの方はCSPもらえるような大会に参加したことがないので今とても後悔してます。トレーナーズリーグって今からでも間に合うんでしょうか...

ここまで読んでくださりありがとうございました!

 

 

 

【S22使用構築】テンプレ砂サンザシ【最終レート2011】

【はじめに】

 前期使用したポケモンと4匹被っているのですごく簡略的に書いています.気が向いたら追記するかもしれません.

↓前期記事

sealeo.hatenablog.com

 

【シーズン22ルール】

ダイマックスなし・禁止伝説あり2シーズン目

 

【結果】

TN シーレオ 最終195位レート2011(最高2046)

TN sot4 最終404位レート1956(最高2031)

 f:id:sealeo:20211001162550j:plainf:id:sealeo:20211001162645j:plain

 

 

【使用構築】

f:id:sealeo:20211001162514j:plain レンタルあります

 

 

【コンセプト】

強いポケモンをぶん回す

 

【個別解説】

f:id:sealeo:20210902122013p:plain

ザシアン@くちたけん
ようき ふとうのけん
167-222(252)-135-×-136(4)-220(252+)
きょじゅうざん・インファイト・じゃれつく・つるぎのまい

 火力も素早さも削りたくないので前期に引き続きAS極振りで使用.ナットが重いのでサブウェポンはインファイトにした.マンムーやサンダーで切り返せるのでメタモン入りにもガンガン選出した.

 

 

 

 f:id:sealeo:20210902122027p:plain

サンダー@ゴツゴツメット
ずぶとい せいでんき
197(252)-×-150(252+)-145-111(4)-120
ほうでん・ボルトチェンジ・ぼうふう・はねやすめ

 堅実な立ち回りをしているだけで運勝ちを狙えるポケモン.持ち物はアッキではなく後投げから確実にザシアンを削れるゴツメにした.

 

 

 

 f:id:sealeo:20210902122041p:plain

マンムーきあいのタスキ
やんちゃ どんかん
185-200(252+)-100-91(4)-72(-)-132(252)
じしん・つららおとし・フリーズドライこおりのつぶて

 フリドラの枠は岩石封じとの選択.ウオノラゴンやトリトドンが重いならフリドラ,ウルガモスやホウオウが重いなら岩石封じ.

 

 

 f:id:sealeo:20210902122311j:plain

ポリゴン2@しんかのきせき
おだやか アナライズ
191(244)-×-111(4)-132(52)-154(196+)-82(12)
れいとうビームシャドーボールじこさいせい・でんじは

調整意図
 HD...できるだけ高く
 C...アナライズシャドボで無振り黒バド確1
 S...最速麻痺ウーラオス抜き

 黒バド・オーガ・ジガルデその他マイナー伝説対策.黒バドにあと投げする際わるだくみを打たれた場合,シャドボを押すと襷で耐えて全抜きされるので電磁波を押す.できればサンダーのボルトチェンジで襷は潰しておきたい.

 

 

 

 

 f:id:sealeo:20211001162707j:plain

カバルドン@オボンのみ
わんぱく すなおこし
215(252)-132-187(252+)-×-93(4)-67
じしん・あくび・ステルスロック・ふきとばし

 ステロ撒きと砂撒き役.バトンやゼルネを吹き飛ばすためにもよく選出した.砂ノラゴンを通したいときはできるだけカバを生存させるように意識する.

 

 

 

 

 

 f:id:sealeo:20211001162823j:plain

ウオノラゴン@こだわりハチマキ
いじっぱり すなかき
165-156(252+)-121(4)-×-100-127(252)
エラがみ・げきりんドラゴンダイブ・じしん

 ドラゴンダイブはザシアンの起点にならないようにするために採用したが,小さくなるラッキーをぼこぼこにできるという副産物もあった.

 

 

 

【選出・立ち回り】

  1. マンムー+サンダー+ザシアン
    基本選出.対面的に使っても強いがマンムーのタスキは雑に切らない.

  2. ポリ2+サンダー+ザシアン
    黒バド軸・カイオーガ軸によくする選出.回復技持ち2匹を選出するため場持ちがよく,TODも視野に入れやすい.

  3. カバ+サンダー+ザシアン
    ステロが刺さっているときにする選出.特に相手にマンムーがいるとき.

  4. カバ+ウオノラゴン+ザシアン
    ウオノラゴンが刺さっているときの選出.この時ザシアンはクッションとして使うと上手くいくことが多い.

  5. マンムー+サンダー+ウオノラゴン
    ホウオウドヒドヌオーのような構築に出す.一体無理やり倒してサンダーでTOD

 

 

 

【あとがき】

 最終2桁行きたかったーーーーーーーー

 

 

 

【S21最終176位】サンムーザシアン【最終レート2036】

【使用構築】

レンタルあります

f:id:sealeo:20210902131123j:plain

 

【コンセプト】

「ザシアン+伝説に強い高種族値ポケモン」という選出によりパワーをおしつける

 

 

【個別解説】

f:id:sealeo:20210902122013p:plain

ザシアン@くちたけん
ようき ふとうのけん
167-222(252)-135-×-136(4)-220(252+)
きょじゅうざん・インファイト・じゃれつく・つるぎのまい

 現環境トップメタでありザシアン対策してない構築は存在しないが,それでもテンプレ技構成のAS振りで十分強かった.

 初手から出しても強いが,相手は必ず初手ザシアンに対する回答のある選出をしているので個人的には後発からの方が立ち回りやすかった.

 この構築に出てくるヒードランはほぼ確実に風船かヨプのみなので,風船のテキストが出なかった場合は必ずヨプのみをケアしましょう.

 

 

 

 f:id:sealeo:20210902122027p:plain

サンダー@ゴツゴツメット
ずぶとい せいでんき
197(252)-×-150(252+)-145-111(4)-120
ほうでん・ボルトチェンジ・ねっぷう・はねやすめ

 主にザシアンにゴツメダメージを入れる係.麻痺らせてくれるとさらに楽になる.ゴツメダメージを2回入れると相手がH252ザシアンでもきょじゅうざん圏内に入れることができる.また,黒バド軸のウーラオス受けとしても活躍してくれた.

 本当はヌオーに通るぼうふうも採用したい.

 

 

 

 

 f:id:sealeo:20210902122041p:plain

マンムーきあいのタスキ
やんちゃ どんかん
185-200(252+)-100-91(4)-72(-)-132(252)
じしん・つららおとし・フリーズドライこおりのつぶて

 伝説環境にいつも刺さっているマンモス.ザシアン,サンダー,ランドロスカバルドン,ウオノラゴンその他色んなポケモンに強い.特に流行のサンザシや砂ノラゴンを崩すことができるのが最強.

 フリーズドライはウオノラゴンを43.7%の乱数で一発,倒せなくても礫圏内に入れることができるほか,フリドラを知らないヌオーを崩したり,氷状態にワンチャン賭けられる.

 初手マンムーランド対面はランドの型の見極めが非常に大事になる.相手の構築がサンザシランドならスカーフなので礫で倒せる.HBに見えたらつららを押した方が強い.ただ,一番いやなのがスカーフランドにとんぼで襷をつぶされることなので迷ったら礫を押しましょう.

 

 

 

 

 f:id:sealeo:20210902122055p:plain

悪ウーラオスこだわりスカーフ
ようき ふかしのこぶし
175-182(252)-121(4)-×-80-163(252+)
あんこくきょうだ・インファイトストーンエッジ・とんぼがえり

 黒バド,スカーフヒヒダルマ,スカーフ白キュレム対策.初手ダルマ対面は裏にいるであろうサンダーにもストーンエッジが一貫しているので勇気を出してエッジを押していた.が,外すと相当なディスアドになってしまうので注意.

 もちろん黒バドには強いが一緒にいるレヒレやウーラオスには弱いので,とんぼでザシアンやサンダーにつなげる動きを意識する.

 

 

 

 

 f:id:sealeo:20210902122311j:plain

ポリゴン2@しんかのきせき
おだやか アナライズ
191(244)-×-112(12)-132(52)-154(196+)-81(4)
れいとうビームシャドーボールじこさいせい・でんじは

調整意図
 HD...できるだけ高く
 C...アナライズシャドボで無振り黒バド確1

 黒バド対策その2(ポリ2だけに).ウーラオスよりこちらの方が黒バド相手には安定する.黒バドウーラオスに対してはサンダーポリ2でサイクルすれば相手のウーラオスが疲弊していくので有利.ただ挑発瞑想レヒレには弱いので黒バドウーラレヒレ相手にはザシアンポリ2サンダーという選出にしましょう.

 素早さを12振りにして麻痺ウーラオス抜きにした方が使い勝手いいと思うのでb4s12にするのがオススメ.

 

 

 

 f:id:sealeo:20210902122321j:plain

ヒードラン@ふうせん
おくびょう もらいび
169(20)-×-127(4)-181(244)-128(12)-138(228+)
マグマストーム・ラスターカノン・だいちのちから・ちょうはつ

調整意図
 HBD...努力値の余りでDL対策
 C...削りを早めるためにできるだけ高く
 S...準速ゴリラレヒレ抜き

 ムゲンダイナとグラードン対策.ふうせんはメタモンやミラーに強かったり,特性と風船の発動順によってランドやレヒレの型判別ができる点,地震ワンウェポンのヌオーを詰ませる点が偉かった.ヒードラン対策をしていない受けループには強かったが,ミロカロスやヤドラン,ヤドキングあたりはほぼ確実に入っているのできつかった.

 

 

【選出・立ち回り】

VSザシアン
 マンムー+サンダー+ザシアン
 対面的な動きをする.ザシアンにはサンダーを投げる.

VS黒バド
 ポリ2+ウーラオス・サンダー・ザシアンから2匹
 黒バドの周りのポケモンを削るサイクルを形成する.

VSムゲンダイナ
 ヒードラン@2
 ウオノラゴン入りに対してはヒードランと対面させないように釣り交換が必要.最悪サンダー投げでゴツメダメを稼げば大地の力が乱数2発になる.

 

 

 

【苦手なポケモン

・スカーフエースバーン
 炎格闘の範囲を受けれるポケモンがいない.とんぼに合わせてサンダーを投げて静電気引けなければかなりきつい.

・スカーフガラルヒヒダルマ
 スカーフウーラオスで倒す以外の処理ルートがほぼない.

・スカーフカイオーガ
 かなり無理より.スカーフは切る.

・ヌオー
 ヒードランでキャッチできなかったり,マンムーのフリドラを警戒する人にはほぼ勝てない.

 

  もしこの記事を参考にしてくれた方がいたらこの辺りの対策をアレンジしてみてください.おそらくヒードランの枠が変えれると思います.

 

 

 

【結果】

TN シーレオ 最終176位レート2036 (最高2048くらい)
対戦数347

f:id:sealeo:20210902122513j:plain

 

 

【あとがき】

 2か月と24日間switchを封印していたので,その反動でいつもより楽しくポケモンできました.欲を言えば2100行きたかったのですが2050すら踏めなかったので完全に実力不足です.S22はもっと高い順位を目指して頑張ります.ここまで読んでくださりありがとうございました!

 何か質問あればTwitter:@sealeo_1 までお願いします